もしも雨が飴だったなら

 ぼうっと空を見る。

 遠く高くそびえ立つ入道雲。空模様はすっかり夏。今年のつゆ明けは遅かったな。そんなことを思う。

 雨の日は憂鬱。もしも。もしも雨が飴だったなら。

 というわけで、雨が飴だったなら。考えたことは少なからずありますが、実際に飴が降ってきたらどうなるのだろう。そんなメルヘンワールドをちょっと考えてみましょうか。

スポンサーリンク

もしも雨が飴だったなら

 仮に上空7kmから初速ゼロの飴が自由落下で地表に到達する速度をザックリ計算すると、約1,300km/h。

 これは9mmパラベラムの初速並みなので軽く災害レベルですね。9mmパラベラムがどんなもんだか詳しく知りませんけど。

 さらに現実世界には空気抵抗というものがあります。

 生活圏には何もないわけではなく、空気という物質が存在しています。水の中で上手く進めないのと同じように、空気がある分落下するときの速度というものは理論値より遅くなります。

 さて、ここで飴玉の重量を4gと仮定します。先ほどの前提と同じく上空7㎞から初速ゼロで自由落下させます。空気抵抗まで考えて計算すると、地表に到達した時点での速度は約46㎞/h。

 より現実に近い例で取り上げるなら、そうだな、近所のおばちゃんが運転するワゴンRに轢かれた、もしくは山奥のパチンコ屋に飛び込んできた野生のイノシシに衝突されたような衝撃です。

 当たり所が頭ということを考えると、状況によっては命にかかわります。

それ以外の問題点

 状況として近いのは雹でしょうか。

 まさかご丁寧にパッケージングされた飴が降ってくるわけがないので、生身の飴玉が銃弾が如く降り注ぎます。

 どしゃぶりの雨に打たれるのはロックの歌詞や昔の少女漫画では定番ですが、どしゃぶりの飴に打たれるのは先述のとおり単なる自殺行為です。口から受け止めようとすれば歯が折れます。恐らく野球の捕手かアイスホッケー的な装備が必要でしょう。そこまでして得られるのが飴玉1つ。どう考えても割に合いません。

 最初の頃は物珍しいので飴フィーバーに世間は沸くでしょう。しかし慣れたころには単なる災害です。雹と違う点は地面は砕けた飴でベタベタになります。二次災害です。

 このベタベタ。どう解決したらいいものだろうか。

 ざっとググってみます。

  • マイペットを混ぜた水に浸した雑巾で何度か拭けばいい
  • 重曹を混ぜた水に浸した雑巾で拭けばよい

 なるほど。

 これで世界は救われます。ありがとうYahoo!知恵袋みたいなサイト。実際には多分放水車みたいなので流してしまうのでしょうけど。

 どや顔で締めたような流れにしていますが、想像していたようなファンシーさが全くないですね。自分はファンタジーの創作には向いてない。

 今日はここまで。

<参考>
高精度計算サイト keisan
© 2020 CASIO COMPUTER CO., LTD.
https://keisan.casio.jp/exec/system/1204505696
https://keisan.casio.jp/exec/system/1238740974

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク