ギターを買おう

2020年3月4日

 ギターを買おう。アコースティックギターを買おう。

 弾き語りと言えばアコースティックギター。通称アコギ。アコギを買わずして、どう弾き語るというのだろうか。それではただの語りだ。ギターを買おう。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

弾き語りと言えばギター

 前回アコギを買って路上で弾き語りをしようと決めた。

 当然だがアコースティックギターがないと始まらない。そうだギター買おう。

 本当は何年も前に同じようなことを考えてアコギを買ったものの、ろくに触らず放置していたのをいい機会だから活かそうとしているので、実はこのタイミングで買ったわけではないけれど話の都合上ここで買ったことにした方が面白そうだから、当時のことをなんとか思い出しながらさも今しがた買ったかのように書いています。

 そうだギター買おう。そうしよう。そうしよう。ワッショイ。ワーッショイ。

ギターを買おう

 さて、一言にギターを買うと言っても、どんなものを買ったものやら。

 あの頃を思い出す。

 まだ自分が10代の頃。エレキギターを買おうと小遣いを握りしめ、お茶の水へ行った。店員に言われるがまま良く分からないうちに買ったのは、フロイドローズタイプのギター(あえて語弊を恐れずに言うなら、速弾き専門の人が買うようなギター)。別に速弾きするつもりもなければ、特徴であるアームなんて張りたての弦を伸ばす時くらいしか使わなかった。

 そう、あの頃の苦い思い出を教訓に、アコギを選ぶのだ。

  1. 店員を呼ぶ
  2. おすすめを聞く
  3. 試奏させられる
  4. 大して上手くないので適当にコードをポロンポロン弾いてごまかす
  5. これ買います

 ふう。緊張した。

 まあ、冗談です。実際に2ではこんなことを聞いています。

  • 欲しいのはエレアコ
  • コードしか弾けない
  • 買ったことないから安いのでいい

 そうすると、ヤマハのエレアコでそこそこ安いのを出してくると思います。適当にコードをポロンポロン弾いて、弾き辛かったり変な音が出ていなければ、それで。

 最初の一本ですからね。そこそこ気楽に選んでも大差ないです。大丈夫。アコギにはフロイドローズ付きのギターとかありませんので安心です。

 エレアコを選んだのは、ライブハウスに出ようと思った時に使えるかなと思ったからで、要するに思い付きです。果たして、これからどうなることやら。

スポンサーリンク