譜面台を買おう

2020年3月2日

 譜面台。

 見るべきは譜面ではなくお客さんだ。そう主張されることもある。うるせー、知ったことか。お客さん居なけりゃ、譜面見てればいいじゃないか。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えば譜面台

 譜面台です。読んで字の如くですね。譜面の台です。

 譜面がなくても演奏できる状態にしておくのがベストです。ですが、譜面を見れば演奏できる状態にしておき、フレキシブルに対応するのも良い。

 せっかくピンで歌おうっていうのです。バンドでやれないことをやった方がいい。周りがなんと言おうが、好きにやったらいいんです。

 良く分からないけど、多分そうなんです。多分。

譜面台を買おう

 譜面台を買います。今回は店員呼びませんでした。

 そこにおいてあるやつの中で、一番安いのを買ったからです。すみません、正直違いが分かりません。

 自分が買ったやつは、こんな感じで開くやつ。

 折りたたみを開くやつなんですけど、たまに途中で引っかかって開かなくなることがあります。急いでるときなんかにそうなると、半ベソかきながらカチャカチャやる羽目になるので、そこら辺を注意して買ったらいいかもしれないですね。良く分からないけど。

 しかしなんで引っかかるんですかね。何となく引っかかって、何となく開くので、何となく知恵の輪を解いてしまったときの感覚に似ているのかもしれない。

 まあ、対策も取りようがありませんので、上手いこと付き合って行きましょう。そのうち我慢できなくなって買い替えちゃうかもしれないけど。

スポンサーリンク