スタンドを買おう

2020年3月2日

 ギタースタンド。ギターを立てかけるスタンドである。

 ネックが反らないよう、スタンドを買いましょう。スタンドを買うと何故ネックが反らないのかまでは考えないようにします。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターといえばスタンド

 ギタースタンドを買いましょう。

 ケースにしまっておくとネックが反っちゃったりするらしいので、ちゃんとスタンドに立てておきましょうね、という話です。良く分からないけど。

 ただ、一言にスタンドと言っても色々とあって、どれを選んでいいのかが悩んでしまう。どれでもいいと思います。

 正直今までも何本かエレキギターなら持ったことありますけど、特にネックが反って困ったみたいな状況になったことがない。

 目標設定は路上でギター弾いて歌うこと。超絶ギタリストを目指してる訳でもなければ、路上で高い評価を得たい訳でもない。ただ路上でギター弾いて歌ってみたいだけ。そこそこの扱いでいいと思います。経験上、自分自身のレベル感が上がってきたら、勝手に考え始めます。

 そもそも、そこまで高い意識で楽器管理できているような人は、こんなブログ読まないと思います。

スタンドを買おう

 スタンドを買います。例によって店員に丸投げしてみます。

「こちらと、こちらがございます」

 うん、いい返しだ。少し悩みましょう。

 片方は安くてオーソドックスなやつ。通常はこれを選びます。楽器は安くない。少し及び腰になっても全く恥ずかしいことではない。

 もう片方は少し高くてネックのところからグッとつかむような感じでぶら下がるやつ。何言ってんだ、俺。上手く説明できないのでアイキャッチの画像をみてください。そんな感じのやつ。

 今回はそのちょっと高い方のやつを買いました。理由は、いつも同じやつ買ってもつまらないからです。

 うん、何だかいい感じ。いい感じだと思います。多分。違いがね、良く分からないですけどね、多分すっごくいい感じですよ。ええ。

 よし。

スポンサーリンク