サウンドホールカバーを買おう

2020年3月4日

 サウンドホールカバー。

 てっきり買ったばかりのソースとかについてる中蓋みたいなものかと思っていた。液体のりの中蓋とか形状が似ているので、そういうものかと。このカバーの役割とは何か。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばサウンドホールカバー

 サウンドホールカバーである。

 サウンドのホールをカバーするゴム。それがサウンドホールカバー。

 ええとですね、すみません、これが何の役に立つのか全く分かりませんでした。一応消音の効果があるという話なのですが、実際使ってみると分かります。ほぼ効果ありません。

 色々調べるとエレアコをバンドで使う時なんかにハウリングを抑えるとかなんとか。良く分からないですけど。

 家で弾くときなんかに少し音量が抑えられるので、若干罪悪感が緩和するという効果はあります。とはいえ、夜中に弾けるレベルの音量ではないですけどね。

 あとは、そうだな。中にホコリが入るのを防止できるかな。

サウンドホールカバーを買おう

 声高に買おうと言っておきながらなんですが、これはアコギに元からついていたので、買っていません。ネットで調べると売ってるみたいだから、まあいいかなと思って。

 あれだな。買う時に店員に聞けばいいんじゃないすかね。

「このギター、サウンドホールカバーはついてますか?」

 うん、聞かないね。俺やだもん、こんなこと聞くの。

 とりあえずつけた感じの画像でも載せておきますか。

 ホコリ被ってんなー。拭いてから撮ればよかった。まあ、そのくらいの存在感のアイテムです。逆説的に考えると、このホコリがギターの中に入らずに済んだと思えばスマートです。うん、そう思いましょう。

スポンサーリンク