車で信号待ち中に後ろから衝突されました(11)

2020年2月29日

 最後の手続き。

 口座に振り込まれた金額を確認し、ようやくこれで終わったのだと思い、胸をなでおろす。

 車での信号待ち中に後ろから衝突された10-0での事故事例について。事故から保険処理まで実際に行った手順を元にご紹介いたします。

スポンサーリンク

11~13週目──最後の手続き

11週目の通院状況──最後の通院

 11週目、9回目の通院。これにて通院終了しました。ようやく、といったところが率直な感想です。

12週目──損害賠償に関する承諾書

 12週目。相手方の保険会社から最終書類が到着しました。

  • 損害賠償に関する承諾書

 損害賠償額の明細が同封されています。明細の内容は以下の通り。

  • 治療費
  • 通院交通費
  • 事故証明取得代金
  • 慰謝料

 項目は他にもありますが、今回の事故事例で該当するのはこの内容。

 この中から治療費は病院、調剤薬局に対して、相手方の保険会社が直接支払いしていますので、振り込まれるのはそれ以外となります。

 内容的に問題ありませんでしたので、承諾のサインを記入。投函しました。

13週目──最後の入金確認まで

相手方保険会社からの入金

 相手方の保険会社から2通到着しました。

  • 保険金お支払いのご案内
  • 損壊賠償に関する承諾書(控え)

 入金連絡と、承諾書の控えの返却です。

 翌日、振込確認が出来ました。最終金額は76,221円です。

今回の事故における最終振込額

  • 任意保険会社からの見舞金 200,000円
  • 相手方保険会社からの慰謝料等 76,221円
  • 合計 276,221円

 車両も自身も程度が酷くなかったため、こんなものでしょう。

 かかった期間は13週間。約3ヶ月。

 正直、思っていたほどのリターンは体感できませんでした。自分が契約している保険会社からの見舞金がなければ、尚更閉口しそうな金額だと思います。

 日ごとの詳細は以上で終了です。

 次回より、全体感をまとめていきます。

スポンサーリンク