ぶらり一人旅の話(9)

2020年3月4日

スポンサーリンク

そうだ和歌山行こう

 和歌山へ向かいます。理由は一つ。行ったことがないから。

 段々旅の流動性が出てきたので、突発的な行動に歯止めがかからなくなって来ます。ここでは車中泊を止め、旅館をとりました。

  1. 少し疲れてきた
  2. 寒い
  3. 地方なら安い
  4. 平日ならなお安い

 地方の微妙な感じの旅館。こういうのも悪くない。久しぶりだ。

 チェックインし、一通り施設内を確認する。共同風呂。共同洗面所。共同トイレ。受付に金を払うタイプの洗濯機。合宿所みたいだな。いいですいいです。こういう体験、待ってました。

和歌山の夜といえばまぐろ

 大人の欲望を詰め込んだビル群を足早に抜ける。駅前へと続くメインストリートは無数の輝きを放ち、星空を演出していく。

 大分頑張っていますね、駅前通り。似たような演出の駅前通りは、北関東方面で幾度か見たことがあります。段違いですね。というか、こんな明るい場所で演奏できるのか、俺よ。

 目的の和歌山駅前に到着。3人組の外国人コーラスグループが歌っている。先約がいるのでは仕方ない。

 嘘です。ちょっと尻込みしたのと、ギターを取りに行く距離が考えていた以上に遠かったので、面倒になったのです。明日の朝でよかろう。

 で、戻りながら酒飲んで寝た。ああ、マグロ美味かった。

──続く──

スポンサーリンク