ぶらり一人旅の話(11)

2020年3月26日

スポンサーリンク

和歌山ラーメンを食べよう

 和歌山といえば、和歌山ラーメンですよ。

 さも知り尽くしているかのように書き出しましたが、すみません、前日の夜に調べました。

 行ってきたのは山為食堂。行列ができる人気店です。ひょっとしたら二度と足を踏み入れないかもしれない地において、見過ごして帰ることが出来ようか。いや、出来まい。

 並ばずに食べられました。そうですよね。平日の昼間でお昼前です。そりゃ、そうですよね。それでも駐車場は満車。席は満席ですから。ラッキーな部類でしょう。

 どうですか、この神々しさ。濃い目のスープと絡む中太麺。今でも口の中で弾けるような感覚です。

 一緒にライスを頼む人が多い。その食べ方がデフォなのでしょう。食いだおれの旅ではないのでそれは控えておいた。後悔はしている。

津へ行こう

 移動先は津です。いざ、社会科の授業で必ずネタにされてきた日本一短い地名の土地へ。別にそれが目的ではないですけど。

 結構な住宅街でしたね。生活感が半端ない。とりあえず車を停めた側は住宅街。反対側が繁華街というケースも当然あり得る。下見を兼ねて反対側へ向かいます。

 そう、移動するこの地下通路で演奏する人もいた。どうでしょう。

 いやいやいや。これは無理だ。ハードル高い。中級者向けくらいのレベル感でしょう。抜けて反対側の駅前に期待。

 いやいやいや。これまた、いやいやいや。

 雨が降ってて人だまりも多い。状況としては1レベルアップ。中級者向けのシチュエーションです。

 まあ、朝歌ってきたからいいやね。みたいなのも正直ありました。ささ、次行きましょう、次。

──続く──

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク