ぶらり一人旅の話(12)

2020年3月26日

スポンサーリンク

津餃子を食べよう

 津。日本一短い地名として有名な、津を訪れました。

 何故訪れたかといえば、路上演奏を行わんとしていた訳です。日和って止めました。

> 日和って止めた時の記事はこちら (新しいタブで開く)">>> 日和って止めた時の記事はこちら

 しかしですね、時間と労力とガソリンを使って移動してきたのです。ただで帰るわけにはいくまい。そうすると、やることは一つ。旨いものを食う。それのみが男の一人旅の醍醐味。

 ということでですね、なかなかの繁華街です、津。線路を挟んで住宅街と繁華街。関東で言えば新横浜みたいな印象を受けました。

 ざっと食べログとかで調べて目についたのが、津餃子。それがこちら。

津餃子さんの雄姿

 この大きさ、伝わらないと思います。こちらならどうでしょう。

ラー油との対比

 そしてこの圧倒的肉汁感である。

肉汁との対比

 大変美味しゅうございました。

 食べている最中、隣の老紳士から話しかけられる。

「その餃子、中身は普通の餃子と同じですか?」

 曰く、この餃子を食べるために来たのだが、注文の仕方が悪かったのか普通の餃子が出てきたのだと言う。

「はい、普通の餃子と一緒です」

 そう答えるのが、精一杯でした。どうしたらよかったのか。食いかけを半分差し出した方が良かったのか。自分が絶世の美少女だったなら、それも良かったかもしれない。だが、40を超えたオッサンである。どうしたらよかったのか。未だに結論は出ない。

浜松へ行こう

 もやりもやりとした気持ちを抱えたまま、車を走らせる。

 次なる目的地は名古屋。のはずでしたが、大都市は京都で懲りているので、目標値を一つ飛ばして浜松へと歩みを進める。

 山道を越える。信号は長いことない。この状況、等間隔で後ろをついてくる車はストレスである。端による。先に行かせる。このパターン、何度となく訪れるが未だに慣れない。

 浜松で目的地とした銭湯は、ショッピングモール内に併設されていた。

 このショッピングモール、なんと24時間スーパーがついている。快適度ではこの旅ナンバーワンですね。駐車場に車を停め、さっさと酒を買い込む。恐ろしい早さで飲んで寝ました。

 ここまでお膳立てが整っても、なお車中泊+寝袋は地味に凍えました。うん、どうしたら良かったのか、未だに分かりませんね。

──続く──

にほんブログ村 音楽ブログ 路上ライブへ
にほんブログ村

スポンサーリンク