ギターを弾こう

2020年3月4日

 ギターを弾きます。

 ようやく弾きます。導入部分、長かった。もうね、音楽理論とか苦手な年代の人だから、ここからは楽しく楽しくやっていきます。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばギター

 ギターと言えばギターです。

 もはや何を言っているのか分からないと思います。大丈夫。僕もです。

 とりあえず弾くための理論的なやつは何となく復習できた。学生の頃、桑田先輩に教わった内容がおじさんになった今でもそっくりそのまま使えているのだから、何と有益なことなのでしょう。

 後はリハビリ的に弾いていくだけです。何を弾こう。

  1. カバー(コピー)
  2. 昔やってた曲
  3. 没になった曲
  4. 新曲

 こんな感じでしょうか。

 この中で、実は一番難しいのが1のカバー(コピー)。

 原曲があるということは、ゴールが定まっている。そういう点では簡単。ただし、原曲があるということは、比較対象があるということ。

 上手い下手の評価が厳しくなるのはもちろん、原曲に近い=上手いという評価にもなりがちです。要するに、ものまねが上手い=上手いという評価基準で見る人もいることを、忘れてはいけない。

 2と3はほぼ同じなのですが、折角生まれてきたのに演奏されない曲というのも存在します。そういう曲を演奏してあげたい。たとえ下手くそでもいいから。

 実はこれが一番簡単。曲はもう出来ているから弾くだけ。オリジナルなので比較対象がない。やりたい放題である。

 4はもう、頭ひねって作るだけ。もしくは、提供してもらった曲を弾くというのもある。多分、一番楽しいのはこれ。

 さて、どんな音楽活動になるでしょうね。楽しみです。

スポンサーリンク