力を抜いて歌おう

2020年3月2日

 力を抜く。

 力を抜きます。手を抜くのではありません。力を抜くのです。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

力を抜いて歌おう

 難しいことを言っています。

 お腹に力を入れろと言ったと思えば、今度は力を抜けという。このボディコントロール、結構難しいです。くっつく波紋とはじく波紋を使い分ける感覚に似ているのかもしれない。波紋使いではないので知りませんけど。

 具体的に言いましょう。腹筋に力を入れつつ、のどの力を抜くのです。ではどうするか。

 簡単なのは、鉄アレイとか重いものを持ちながら歌ってみる。

 重い鉄アレイを持った手には力が入る。腹式での発生を意識して歌うのでお腹には力が入る。流石に2箇所も力を入れていると、自ずとそれ以外の箇所には力が入りにくくなるってもんです。

 鉄アレイなんかもって練習行けねえよ。そんなことを思ったあなた。正解です。そんなもの持ってスタジオやカラオケに行けっていう話ではありません。重ければ何でもいいです。そして重ければ重いほどいいです。

 ただし、そんなものずっと持ってろという話でもありません。感覚を掴んだらもう要りません。ここ、結構難しいです。でも喉の力を抜くことが出来ないと、常に喉を傷めている状態になります。

 続けていけば身に付きます。大丈夫。意識せずに蕎麦をすすれる、とかと同じ感覚になり得ます。焦らずゆっくりと対応ください。

スポンサーリンク