唄を歌おう

2020年3月2日

 歌おう。唄を歌おう。

 何故路上に出るのか。それは唄を歌いたいからです。別に路上でなくてもいいんですけど。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

歌いましょう

 そうです。歌います。ようやくたどり着いた。

 今までギター云々をやってきたのは、路上で歌うため。路上で、歌う、ためです。うっかり忘れるところでした。ついギタリストを目指してしまうところでした。危ない危ない。

 歌うと言っても、元々バンドやっていた頃はボーカリストでしたので、どちらかと言えば感覚を取り戻していくという表現の方が近いです。

 それから、現実世界では路上で歌うようになるまで、全く何もしていなかった訳ではない。引退から復帰までの約10年で身に着けた技術もあります。思い出しがてら色々と書いていきましょう。そうしようそうしよう。

  • 練習場所
  • 歌い方
  • 歌詞の書き方

 この辺になりますかね。

 書いてて何か違和感あると思ったら。そうだよ、歌おうと思っているのにギターの事ばかり書いているから違和感があったんだ。ようやく気付いた。ギターの事なんてそんな書くことないよ、俺。

 さあ、気を取り直して次回より、唄を歌うための方法論について色々書いていきましょう。

 本当、ようやくたどり着いた感すごい。勝手に達成感。謎は全て解けた。酒でも飲むか。

スポンサーリンク