Fコードを弾こう

2020年3月2日

 Fコード。

 ギター初心者最大の難所と言われるF。実はそんなに難しいものではありません。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばFコード

 そう言えば聞いたことがある。

 Fが押さえられなくてギターを挫折した。ギター諦めた理由ランキング堂々のトップをブッチギリで独走する理由がこれです。

 問題のFコードの押弦はこちら。

 そう、いきなり押弦数が増えます。

 他にCとかGとか、押弦数の少ないベーシックなコードもあります。それを飛ばしてここでFを弾く理由はちゃんとあります。

Fコードを弾こう

 もう一度Fを見てみましょう。

 何度見ても難しいですね。でも実際にはこう押さえます。

 この全ての弦を人差し指1本で押さえることを、バレーもしくはセーハと言います。

 そうですね。弾かなくても分かります。これは難しい。辞めてしまう人は大体、これが上手く鳴らせなくて諦めます。でも大丈夫。鳴らなくていいんです。

 もう一度言います。鳴らなくて、いいんです。

 押さえた弦の全てを綺麗に鳴らそうとするから難しく感じる。たくさん押さえてるんだから何本か鳴らなくても成り立つだろうと考えれば、幾分か気楽だ。

 もちろんすべての音の粒が綺麗に鳴っている方がいいに決まってます。現役バリバリのギタリストには馬鹿にされたりします。ただし、その域に達するまでどのくらいかかるだろうか。目標は路上で歌うこと。ギターのプロを目指す訳ではありません。

 とりあえず2~3本鳴ってれば大丈夫。なあに、弾いてりゃそのうち身につきます。

──続く──

スポンサーリンク