カポを使ってみた

2020年3月2日

 カポ。

 買ったはいいが全く使っていなかったカポ。それを使うのは、今。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

カポを使う理由

 それはとても簡単な理由。バレーコードが苦手だから。

 弾いていれば上手くなります。上手くなるには弾かなければいけない。だが、その上手くなるのは何時なのだろう。そんなの待ってたらあっという間にオッサンになってしまう(注:もうオッサンです)。

 ということで、私考えました。考えました、私。

 買ったじゃないですか、あれを。カポを。

 それを使う時は今。

カポを使ってみよう

 使い方は知っています。

 店員さんに聞きましたからね。ここで言いたいのはそういうことじゃないです。

 問題はどうやったらバレーコードを減らせるのか。ここです。

 もう結論から言ってしまいましょう。変換の早見表を公開しているサイトをググってください。これが一番早い。

 理論がどうとか。まあそういうのは後で考えればよろしい。とにかく今すぐ使いたいんです、カポを。

 そんな時に役立つのが早見表ですよ。いやいや、作りませんよ、私。ググれば出てきますんで。

 C♯とかF♯とか出てくると、何だか絶望的な気分になるじゃないですか。それをアッサリ解決してくれる聖遺物(アーティファクト)。カポを積極的に使いましょう。

スポンサーリンク