Dコードを弾こう

2020年3月2日

 Dである。

 ドはドーナツのド。DもドーナツのD。ドラえもんのDでもいい。頭文字D。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばDコード

 覚えなければならないコードは3つ。その3つ目のDです。最後の一つですね。FFIVで言えばルビカンテになります。例えとして成り立っていない上かえってややこしくなりましたね。

 そもそもEとかAとかDって何だ。

 ミとラとレです。

 よし。

 まあ、そこら辺はまた気が向いたら書きます。とにかく今日はDコードなんです。

Dコードを弾こう

 では、Dコードを弾きます。

 画像上部がヘッド。上部に振ってある6~1は弦のナンバー。左の数値はフレット数です。一般的にこういうのは横向きですが、例によって縦向きになっています。

 ×が2つも出てきました。Aの時はまだ1つだったから良かった。ネックを何となく握っている体で、親指で出来ているのか分からないミュートを少し誤魔化し気味にやっておけた。今度は5弦もミュートしなければならない。これは一大事だ。

 自分はどうやってるのだろう。あまり意識した事がないので分からない。アイキャッチ用に撮った画像を見てみます。

 5弦まで親指伸ばしてますね。じゃ、そんな感じです。多少他の音が鳴ってしまっても、鳴ってない音があっても、大丈夫。長い人生で言えばたった1回のピッキング程度の時間です。気にすることない。

 それでは、楽しいギターライフを。

スポンサーリンク