F△7を弾こう

2020年3月2日

 Fメジャー7です。

 Fの苦手感を克服できるかもしれないこの一品。ぜひご賞味ください。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばF△7

 ほら、来ましたよ。楽に弾けるFの眷属。

 Fと聞いただけで震えが起きるような諸兄もこれで安心です。

 もうね、Fが弾けないという話を聞く度に思うんです。大丈夫、俺も弾けていません。そのうち書きますが、この辺実はコツが少しあります。でも、今ではないです。

 最低限の知識(3コードと6法則)で演奏は何とかなります。後は楽するために何を覚えるのかというだけのことです。今回のF△7も同じことです。

 大丈夫。やってれば身に付きます。

F△7を弾こう

 お待ちかねのF△7はこちらです。

 意外と簡単ですよね。悪魔の如く吊るし上げられているFが気の毒になってきます。

 実際に弾いてみましょう。割と軽めですが、Fっぽいですよね。そう、この「ぽい」が重要。

 完コピ(完全コピー)しようと思わなければ、これをFの代用としてしまうのも一つの方法です。多少の違いなんてミスタッチレベルの問題です。曲として成り立たないという場面もそのうち出てきますが、そんなのはその時考えればいいので気にせず弾いちゃいましょう。

 コードはこうやってちょっとずつ楽になっていきますので、焦らずゆっくりと覚えていけばいいのです。自分も未だに調べたりしながら少しずつ拡張しています。こうやって多少の違いの部分が徐々に修正されていきます。本職のギタリストには追い付けませんが、別にギタリストを目指しているわけでもないので、気にしなくていいです。

 下手だから演奏しちゃダメ。間違えているから弾いちゃダメ。そんなことはありません。とりあえず近いものを拾いながら思い切ってやっちゃいましょう。

スポンサーリンク