sus4を弾こう

2020年3月2日

 sus4(サスフォー)だという。

 サスフォー。フォーというだけでベトナム料理みたいな気がしてきた。全く違います。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばsus4(サスフォー)

 サスフォーの時間です。

 これも別に覚えなくていいです。忘れちゃってもそんな困る場面はないです。

 ただ、add9と同じく、忘れるような難しさではないのでチャチャっと覚えちゃってください。

 あとは、そうだな。サスペンデッド・フォースというのが正式名称です(格好いい)。

sus4を弾こう

 それでは弾いてみましょう。

 元のAと比較するとこんな感じになります。

 押弦した上から3本目を1フレット上げます。add9とセットで覚えると、どっちがどっちだったのか必ず悩む日が訪れます。

sus4 → サスフォー → タスフォー → 足すフォー

 こう覚えてください。ここ、テストに出ます。

 無理に覚える必要はないのですが、経過音や装飾音として便利です。add9と弾き流して味付け的に使ってみると、いい感じになる場面もあります。この“いい感じ”とかのアバウトなところがインスタント音楽ブログとして面目躍如ですね。

 まあ、忘れるような手順でもありませんので、思い出したら適当に使ってみてください。もちろん、セブンスやメジャーセブンスとの組み合わせも可能です。

 それでは、レッツ・サスフォー(語呂が悪い)。

スポンサーリンク