Gコードを弾こう

2020年3月2日

 Gです、G。

 Gと言えばね。ほら、すっかり隠語として定着してしまったあれの存在を想像しがちですが、そうじゃないです。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばGコード

 取り急ぎ前回までの知識と、ネット上に点在しているコード譜で、ある程度の曲は何となく弾けるようにはなっていると思います。

 とは言え、いつまでも響かないFにイライラするのもしゃくです。ここはもうちょっと頑張っていくつか覚えてみましょう。

 ギターを諦めちゃう理由の一つとして、何をやったらいいのか分からないというのもあるんですね。コードを覚えたらいいのか。TAB譜を見ながらコピーしたらいいのか。

 余談ですが初めてギターを買った時、一緒に買ったTAB譜の読み方が分からなかった。買い物についてきた友人に聞いたところ、

「見ればわかる」

 とのシンプルなお答え。

 1弦~6弦を逆に読んでしまい、いくら弾いても全く曲にならず。真隣りで漫画を読んでいる友人に聞いたところ、

「見ればわかる」

 とのシンプルなお答え。

 見方が逆だと気付いたのは、そこから3日くらい経った頃ですかね。若かった。

 ということでGを覚えてみましょう。

Gコードを弾こう

 はい、Gはこれです。

 シンプルですね。

 ちなみに、1弦を1つ下げるとG△7、2つ下げるとG7になります。理由は割愛します。自分は結構使います。

 これを先にやらなかったのは、無理に覚えなくても今までやってきた基本3コードの派生形で弾けるコードだから。でも知っておくと便利なので、覚えといて損はないです。難しくもないし。

 TAB譜から入った場合の失敗例は前項で記述しました。コードから入る場合も、法則なしで一つひとつ覚えようとしていたら多分挫折します。これがE、これがG、これがA……。日が暮れちまう。

 とりあえずもう一通り曲を弾くのに困らない程度のコード知識はあります。ここから先は知ってたらラッキー程度で気楽に覚えていきましょう。

 知りたくなったらちゃんと書いてあるブログをググって探せばいいんです。

 さて、酒でも飲むか。

スポンサーリンク