セブンスコードを弾こう

2020年3月2日

 セブンスコード。セブンという言葉には特別な響きが含まれている。

 ウルトラセブン。エウレカセブン。セブンも色々あるけれど。ここでいうセブンとは関係ありません。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばセブンスコード

 セブンスコードとは何か。

 これまた説明が難しい。その昔ピアノ講師をやっていた先輩に聞いたことがある。曰く、

  • メジャーでもマイナーでもない曖昧なコード
  • 日本人に好まれやすい

 そう説明されたことを思い出す。

 僕もそう思います(便乗)。

 そんな強く儚い感じのコードです。

セブンスコードを弾こう

 それでは覚えなければならない6つの法則の2つ目です。実践してみましょう。代表してEで説明します。

 簡単ですね。例によって見た目の簡単さだけに目を引かれないよう注意したい。

 本日の法則、行きます。3本押弦している2弦目を2フレット下げます。それだけです。

 比較してみましょう。

 もう一度言っておきます。3本押弦している2弦目を2フレット下げます。

 これでさらに3つ。これまでの合計で9つのコードが弾けるようになりました。

 こうやって数値化すると凄いことをやっている気になりますが、実際に覚えたのは5ステップ。これですよこれ。この達成感。楽しくないですか。

 法則は6つと言っていますが、最低限のラインで言えば4つ。あと2つ覚えれば大体の曲は何となくのレベルで弾けるようになります。もうちょっとの辛抱です。

スポンサーリンク