和歌山駅前で歌おう

2020年3月26日

 和歌山の夜はまぐろを食べて寝ました。意を決して翌朝が勝負。

 昼間の演奏はこれが初めてです。前回が夜で、今回が2回目なんだから、そりゃそうです。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

和歌山駅前を下調べしよう

 岐阜駅前でついに路上デビューをした40代のおじさん。

 人前で弾いたことはおろか、買ったきりろくすっぽ触らずに放置していたあのギター。こんな形で日の目を見ることになるとは。いやはや、長生きしてみるものですね。

>>岐阜駅前で歌ってみた時の動画はこちら

 そんな聞くも涙の物語。まだまだ続きます。

 旅の状況は現在、独り言の方で書いている途中です。ご興味がありましたらそちらもどうぞ。

>>独り言
>和歌山を旅していた時期はこの辺から (新しいタブで開く)">>>和歌山を旅していた時期はこの辺から

和歌山駅前で歌ってみた

 平日午前中の和歌山駅前。通行者少なめ。若者率低め。中級者向けといったところでしょうか。

 そこそこ人が多くて、立ち止まらない直線の中間地点。そんな感じの場所がやりやすい。今回は、人がまばらだけど少なすぎず、近くにバス停があるカーブの角。

 そんな場所で歌ってみました。

 演奏を終え、片付けているところで、何度か通り過ぎては戻って来ていたマダムから話しかけられました。

 話してみたところ、自分が拠点とする大宮駅周辺の方であることが判明。そんなことって、あるんですね。こういう旅先での出会いって面白い。

 そのうち調子に乗って大宮駅前とかで演奏することがあれば、またお会いする機会もあることでしょう。楽しみです。

和歌山駅前(平日午前中)の路上難易度
難易度:★★☆
通行者:★☆☆
若者率:★☆☆

にほんブログ村 音楽ブログ 路上ライブへ
にほんブログ村

スポンサーリンク