路上演奏には上級者向け、初心者向けのエリアと条件があった

2020年3月26日

 路上演奏。

 路上で歌います。簡単なようでなかなかハードルが高い。なにしろ、ブラック企業の新入社員研修のメニューにもなっているくらいです。ハードルが高い。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

路上演奏してみて気付いたこと

 前回、初めて路上で演奏してみた時のことをご紹介してみました。

>岐阜駅前で歌ってみた時の動画はこちら (新しいタブで開く)">>>岐阜駅前で歌ってみた時の動画はこちら

 実際に路上で演奏して気付いたこと。いくつかありますが、そのうちの一つがこちら。

  • 路上演奏には上級者向け、初心者向けのエリアと条件がある

 あります。確実にあります。

 なので、ネット上で目立つ上級者向けのアドバイスを鵜呑みにしていくと、結構な勢いでギター担いだままウロウロするような目に遭います。

路上演奏上級者向けエリアと初心者向けエリアについて

 初心者向けエリアとは、ズバリ、人が立ち止まらない場所です。

 いやいやいや。人に聴いてもらいたいのに立ち止まらない場所で歌えって、どういうことですか? まあ、そう思いますわな。その考えが、上級者向けだと言っているのです。

 自信たっぷりの上級者、経験者であるなら「俺を見ろ!」という気になっています。そういう人は、なるべく多くの人が立ち止まる場所を選んだらよろしい。

──上級者向けエリア──
横断歩道近く
タクシープールの近く

 やり慣れていない人の思考は「聴きたいと思っている人だけ立ち止まって欲しい」です。今一つ自信がないので、なるべく文句を言われたり笑われたりしたくないでしょう。聴きたくない人が通り過ぎて行ってしまうのがベストです。

──初心者向けエリア──
そこそこ大きな駅前のなるべく直線距離が長い場所の途中くらい

 ということで、言い直せば自信たっぷりの人と、まだちょっと自信がない人で、選ぶべき場所を変えたらいい。そういうお話しです。初心者でも自信たっぷりの人っていますからね。

 条件についてはまた後日。

にほんブログ村 音楽ブログ 路上ライブへ
にほんブログ村

スポンサーリンク