そんな12月のうつ状態(4)

2020年3月17日

 アルコールを流し込む。

 何も解決しないことは分かっている。ただ、まともに働かなくなった頭を少しでもマシな状態へと持っていきたかった。それだけを目的に飲み続ける。

 ここではそんなうつ病にされたサラリーマンが緩やかに自分を取り戻していく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

遺した日記から読み取れる12月終盤のうつ傾向

酔いの加速具合が半端ない

12/26 酔いの加速具合が半端ない 昔もそういう経験あった
12/27 どうしていいのか分からない 判断ができない

 ―――当時の記録(日記)より抜粋―――

 混乱していますね。

 働かない頭で貶められたような状況におかれたら、まあ、そうなります。

酒に逃げる──うつ期にありがちな行動

 酒に逃げます。

 酔っているときは比較的まともなので、そのまともな状態を求めて飲む。飲みます。飲み続けます。まあ、結構酷い飲み方をしました。

 当然解決はしません。逃げてるだけですので。

 でもこのくらいの時期って、服装も身だしなみもボロボロなくらい全く頭が回っていません。酒に逃げてでも休んどいたほうがいいと思います。まともに寝ても悪夢で起きちゃうくらいだから、酒の力借りてでも寝ちゃった方がいい。酔い方は酷いですけどね。

 振れ幅が大きいので、上にも下にも大きくぶれます。気を付けましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク