サラリーマンとうつ病と私

2020年3月17日

 比較的奔放に生きてきましたが、覚悟を決めてサラリーマンになった結果、うつ病にされてしまいました。

 ある日突然うつになる。そんなことは夢にも思いませんでした。皆そうだと思いますし、貴方やあなたの大切な人がそうならないとも限りません。

 ここではとあるうつ病にされたサラリーマンが緩やかに壊れていく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

覚悟を決めてサラリーマンになった結果、うつ病にされてしまいました

4/4 うん、心が動かない

 ―――当時のTwitterより抜粋―――

 サラリと書かれていますが、冷静に見返すと随分な内容です。これはサブ垢(現在非公開)に当時書かれていたものを転記しています。

 ここから約半年後に決定的な出来事が起きて、自分のサラリーマンとしてのキャリアは途絶えることになります。この時期はまだ、心が不安定だとは考えてもいません。単なる会社に対する不満が膨れてきたな、程度に捉えています。

 最終的な診断は、睡眠障害と抑うつ症状。

 そう、比較的奔放に生きてきましたが、覚悟を決めてサラリーマンになった結果、うつ病にされてしまいました。この状況は実は組織の一員として致命的で、ちょっと休んだら復帰できるという考えは幻想です。

 これ以降、一体どうなってしまうのか。果たして帰ってこれるのか。同じような被害に遭う人を一人でも減らせるように、ここに記していきたいと思います。

 フェイクは織り交ぜます。もう手放しで会社を信用するほど、愚かではないです。

その一言が、人を殺すのだ

 直属の上司とは折り合いが良くありませんでした。むしろ相性は最悪と言ってもいい。

「昇進試験は受けさせない」

 それだけ。いとも簡単に心が動かなくなりました。人の心って不思議。

 この上司というのは、常に笑っているものの、常に目の奥が笑っていないタイプ。そして下位者に対しては、徹底してマウントを取りたがる人物でした。

・全く褒めない
・公然と罵声を浴びせる
・常に小馬鹿にしたテンションで話す
・実績を上げても認めない(認めないどころか握りつぶす)

 いわゆるパワハラ気質の人物ですね。

 これがまた、自分の職場以外ではこういう態度を一切出さない。そのため、良く知らない周囲の人にとっては、常に笑っている朗らかなおじさんとしか映らない。周囲にパワハラを相談しても信じてもらえない環境が、完全に出来上がっていたのです。

 えびす顔で腹黒い。職場内では皮肉で大黒様・・・と呼んだものです。

 外から見ていた人物像と真逆。大黒様の組織に配属された当初、それは驚いたものです。しかし当時の自分は社内外ともに評判が良く、常に自信を持って仕事をしているタイプ。大黒様にも自分の実力を認めさせてみせる、くらいの感覚でした。

 甘かった。何をしても認めてもらえるどころか、会えば常に罵声を浴びせられ、いくら実績を積んでも握りつぶされる。周囲に相談しても、その声は届かない。そんな環境で数年働くうち、完全に心が疲弊してしまっていたのです。

「昇進試験は受けさせない」

 このセリフがトリガーでした。

 絶望。混乱してどうしたらいいのかわからない状態のことを、絶望といいます。辛くても結果さえついてくればまだ耐えられたかも知れない。残念なことにいくら頑張っても結果が得られない。限界です。

 今回はたまたま帰って来れたからよかったものの、最悪の結果につながっていてもおかしくありません。否定のセリフ。その一つひとつの積み重ねが心を蝕んでいきます。他人の人生を預かる立場にある方は知っておいてください。

 その一言が、人を殺すのだ。

「うつは甘え」そう思っていた時期が自分にもありました

 さて、心が壊れる、心が動かない、とはどのような状況でしょう。

・嬉しくない
・腹が立たない
・悲しくない
・楽しくない

 セオリー通り喜怒哀楽に沿って恐ろしいほど簡単にまとめましたが、実際はこんなシンプルな状況ではないです。言い換えるなら、感情の振れ幅が限りなく狭くなる、という感じでしょうか。様々なことがどうでもよくなります。

 よく言われる、やる気がどうとか、そういうレベルの話しではありません。昔はうつなんてなかったとか、新型うつは甘えとか、そもそも論点がずれている。頑張らないのではない。頑張れません。

 周囲から見ればただ落ち込んでいるだけにしか見えないのが、本当に難しいところ。内側では自身の人格や存在そのものを延々と否定し続けているので、全てに対して自信がない状態。もう全くの別人格です。

 分からないと思います。実際になってみて初めて分かります。逆に言えば、なったことのある人にしか分かりません。

 それでも、こんなブログを書いている時点で、知って欲しいという気持ちは当然あります。伝わるかは分かりませんが、その辺をここから時系列に沿って少しずつ紐解いていきます。

 実は4月のこの段階では、まだ感情の振れ幅に余裕があります。本格的に心が動かなくなるのは、ここから更に数か月後の話です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク