Cコードを弾こう

2020年3月2日

 Cです。

 CCレモンとかCCガールズとか色々ありますな。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ギターと言えばCコード

 Cは割と苦労せずに覚えた記憶がある。

 ドレミファソラシドで言えばドがルート音になるコードなので、すんなり入ってくる気がします。気のせいです。

 個人的には好きなコードなので、何も考えずにじゃらーんと鳴らす時なんかは無意識に弾いている気がします。気のせいです。

 チューニングを終えた時なんかに、6弦、54321弦、C押さえてジャーン。よくやります。やります。これは確かによくやる。クセでしょうね。

 そんな愛されコード。Cコードです。

Cコードを弾こう

 こちらです。

 なんとまあ、美しい。押さえやすいこと山の如しです。勢いだけで言いました。すみません。

 押さえやすさと適度な開放弦で響きがグッドです。ちなみに、2弦の押弦を離して開放にすると、C△7になります。説明は割愛します。

 覚えなくてもいいコードの一つです。そうでもあるんですけど、アコギってエレキに比べて硬いので、慣れるまで、いや慣れてもセーハなしのコードをなるべく使いたいんですよね。指の疲れもそうなんですけど、響きの問題もある。

 なので、ここで覚えている追加のコードというのは、楽するため、もとい、楽していい音を出すために覚えといた方がいいコード、と言い換えることができます。

 まあ、やってりゃ覚えます。何となく。

 忘れたらパワーコード弾いときゃいいんです。とりあえず。

スポンサーリンク