カラオケを活用しよう

2020年3月2日

 カラオケを活用する。

 カラオケ店はカラオケ店であってカラオケ店に非ず。何を言っているのか分からないと思います。自分も分かりません。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

カラオケ店の使い方

 カラオケ店を使いましょう。

 思う存分ギターをかき鳴らし、近所迷惑を考えずに大きな声を出せる。そんな場所って、どーこだ?

 スタジオです。次点でカラオケ。

 ということで、次点のカラオケを活用します。別にスタジオに拘らずとも歌えます。

 多少の違和感があったかもしれません。そうです。近所迷惑の部分ですね。近所はともかく隣の部屋に……ではない。ギターをかき鳴らし、の部分。

 カラオケに行きます。カラオケ機は使いません。ほんの少しもカラオケ機に触れる気がないなら、機種すら選ばなくていいです。そうです、カラオケ店をスタジオ代わりに使おうっていうのです。

 実はですね、結構そういう人、多いです。カラオケ店にちょいちょい出入りするようになると、見かける機会も多いです。

 ギター弾く人。トランペット吹く人。カホン叩く人。大がかりな機材とか、スタジオ並みの設備を求めなければ十分です。さすがにドラムセット持ち込んでる人は見たことないですけど。

 地域にもよるでしょうけど、繁華街のカラオケ店でなければ予約とか必要じゃない分、スタジオ個人練をとるよりも気軽に利用できます。おすすめ。

カラオケを活用しよう

 カラオケ店に行きます。

 受付します。ギターを背負っているので結構目立ちますが。気にしたら負けです。当然の如く涼しい顔をして受付してください。

 部屋に入ったら、まずカラオケ機のデモ映像の音声をオフにします。やり方は機種ごとに違いますので割愛します。

 おもむろにギターを準備します。

 あとは弾いて歌うだけ。

 たまにのぞき込まれることもあるかもしれませんが、気にしたら負けです。ここで気になってるくらいなら、とても路上で歌ったりなんてできません。涼しい顔して歌い続けてください。

 料金的な話もしておきましょう。1オーダー必須のところだとスタジオ個人練より高くついてしまうかもしれません。店によって違うかもしれませんが、自分が使っているお店は昼間の時間帯ならドリンクバー付き室料のみで利用できます。ここを活用します。

 自分はマイクを使わない人なのでいいかもしれませんが、マイクを使いたいタイプの人はちょっと困るかもしれませんね。マイクスタンド貸してくれるかもしれないし、そういうタイプの人はスタンド持ってるだろうから持ち込みするのもアリですよね。

 という感じで、必要な機材がスタジオとは少し変わりますが、個人練に使うことは十分可能です。身近にスタジオがない。個人練の予約が取りづらい。そういう人はこういう方法もありますということを知っておいて損はないです。

スポンサーリンク