とある6月のうつ状態(2)

2020年3月17日

 そこにあったのは、ただ絶望。

 考えても、考えても、結論など出ない。どうしてこうなってしまったのか。その想いを抱えたまま延々と考え続ける。ただただ、考え続ける、だけ。

 ここではとあるうつ病にされたサラリーマンが緩やかに壊れていく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

Twitterから読み取れる6月後半のうつ傾向

なにもうみだしたくない

6/7 なにもうみだしたくない
6/9 どうしていいのかわからないなー

 ―――当時のTwitterより抜粋―――

 混乱しはじめました。

 混乱してどうしていいのか分からない状態のことを、絶望といいます。正にこの状態のことです。

どうしていいのかわからない

6/22 ここ最近整ってたのに。今日も調子良かったのに。何がいけなかったのだろう。どうしていいのかわからない。わからない。
6/23 なんだろう。どうしていいのかわからない。どうしたらいいんだろう。

 ―――当時のTwitterより抜粋―――

 なんだか可哀そうですね。自分のことですけど。

 文章から漂う、もう取り返しのつかない感じが、読み返していて辛い。

うつ期のループ思考──絶望感に比例する平仮名の割合

 そこにあったのは、ただ絶望。どうしたらいいんだろう。どうしたらいいんだろうと繰り返す。

 ここに来て考えがまとまらないモードへ、本格的に突入しています。特徴として、漢字の割合が減っていきます(個人の感想です)。もう思考を漢字変換するのすら、想い至らない状態。

 前回と何が違うのかと言えば、もう引き返せないという絶望感ですかね。演技とかWEB上のキャラとかそういうのじゃなく、ナチュラルにこんな状態で生活しています。周りの人も相当困ったと思います。

 暇ができるとずっとこればかり考えています。 原因が分からないから解決できない。どうにかしたいけど、どうしたらいいのか分からない。延々繰り返し考え続けて疲弊していく。

 そこにあるのは、ただ、絶望。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク