とある7月のうつ状態(1)

2020年3月17日

 焦燥から諦めへ。

 どうにかしようと足掻き続けた。どう足掻いても無駄でした。諦めきれませんでした。だけど諦めました。諦めは怒りへと、形を変えて心を占拠していく。

 ここではとあるうつ病にされたサラリーマンが緩やかに壊れていく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

Twitterから読み取れる7月6日のうつ傾向

人間がキライやねん

7/6 人間がキライやねん。

 ―――当時のTwitterより抜粋―――

 ついにヘイトが浮上してきましたね。

 正直もう覚えていませんが、人と接するのが煩わしかったような気がします。

ななめにはしる

7/6 なぜ たえられるのか
 てがとどかない
 どうしてこうなってしまったのかああああああああああああ
 くそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそ
 ななめにはしる ななめにはしる

 ―――当時のTwitterより抜粋―――

 分かりやすく壊れてきました。ななめにはしる、って何だろう。

 ヘイトも限界値を突破。感情のみで書き綴っています。本来のTwitterの使い方って、こうなんじゃないかと錯覚するくらいの情報速度。

 何度見返しても分からない。ななめにはしる、って何だろう。

うつ期の葛藤──焦燥から諦めへ、諦めは怒りへ

 これまでとの大きな違いは、ついに諦めてしまった、という点につきます。

 今までは、どうにかしよう、どうにかしよう、でもどうしていいのか分からない、という状態。それが程度を深めながら続いていました。ここに来てようやく、どうにかするのを諦めた。折り返し地点になります。

 焦燥から諦めへ。諦めは怒りへと変わります。

 怒りと言っても行動力は落ちているので、特に何かが起きるわけではありません。

 ただし心の振れ幅は不安定なので、上振れした場合、もしくはアルコールで感情がブーストした場合には、怒りっぱなしになってしまう場面が多々ありました。周囲の方もご注意を。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク