そんな2月のうつ状態(12)

2020年3月26日

 なじみのない薬剤。

 普通の状態だった頃には飲んだことも、見たこともない錠剤。読み齧った知識と家族の勧めにより、分量の調整を行う。不安と共に水で流し込まれる薬剤。

 ここではそんなうつ病にされたサラリーマンが緩やかに自分を取り戻していく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

遺した日記から読み取れる2月12日頃のうつ傾向

酔いがいつもより進む

2/15 服薬を戻す(0.5mg) 寝つきもいい 寝起きもスッキリしている
 比較的眠くならずに過ごせた ミンティアとかで意識的に
 カラオケ 酔いがいつもより進む ラーメン屋で一杯 さらに酔いがすすむ

 ―――当時の記録(日記)より抜粋―――

 寝つきがイマイチだったので、睡眠薬を半分(初回処方の1/4)にするのは止めたんですね。

 この時期はまだカラオケはオンアルコールで楽しんでいた時期ですね。酔いを意識できている時点で、大分まともだと思います。

状況に応じて薬剤の分量を減らして調整していました

 薬剤の分量を減らして調整するのは、よくやりました。 書籍にてその手の知識が多少はあったのと、家族のアドバイスでもあります。

 実際、効きすぎたり足りなかったりするので、入口と出口は半分くらいにする方がいいと、この時期の経験から学んでいます。

 ともかく睡眠は超重要なので、眠れない、眠りが浅いのが一番マズい。薬剤の量は十分眠れているかどうかで判断した方がいいし、何としても寝る時間だけは確保した方がいいです。

 現在は睡眠剤も抗うつ剤も飲んでいないので、今では全く役に立たせられない知識ですけどね。

 実際にこういう世界があるのだ、ということを知れたことに関しては、悪くない。

 決して良かったとも、思わないですけれど。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク