そんな4月のうつ状態(2)

2020年3月26日

 気持ち悪い。本当に、気持ち悪い。

 従業員は宝。よく言われたその言葉。本当にそうか。本当にそう思っているのか。会社側の対応に、耐えがたい気持ち悪さを覚える。

 ここではそんなうつ病にされたサラリーマンが緩やかに自分を取り戻していく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

遺した日記から読み取れる4月5日のうつ傾向

気持ち悪い

4/5 社長挨拶 蚊帳の外になると 幹部だけ盛り上がっていて気持ち悪い
 カラオケ ラーメン屋はキャンセル 給料下がるから締めないと

 ―――当時の記録(日記)より抜粋―――

 組織は信仰みたいな面があります。一旦外れると気持ち悪い。心底、気持ち悪い。

会社が使う常套句──従業員は宝──パワハラでうつにさせられた従業員に対してはどうか

 目立つ活躍をしていた頃、社長挨拶なんて率先して聞いていた。部下にもちゃんと聞くよう指示していました。

 要するにレールに乗っていた頃は何とも思わなかった。レールから外れ、改めてその様子を外から見る。気持ち悪い。本当に気持ち悪い。

 重宝がられていた。パワハラで潰されてしまった。いざそうなってしまったら、視界にも入らないような接し方をする。そんな連中が整列して、社長のあいさつを聞いている。あいさつの内容は、「従業員は宝」みたいな薄っぺらい内容。

 パワハラでうつにさせられた挙句減給になる人間。そしてパワハラを行ったが全くお咎めなしの人間。両者を同じ場所に列席させて、聞かせる挨拶の内容が「従業員は宝」。そして、それを見ても何とも思わない人たち。異常です。

 何をやっているのだろう。この人たちは、何をやっているのだろう。

 何故私を列席させたのだろう。私がいる前で、どの面下げて「従業員は宝」などと言えたのだろう。

 気持ち悪い。本当に気持ち悪い。

追い打ちで給料が下がります

 そしてこれから給料が下がるという事実が、否応なしに冷静にさせます。

 この時点ではまだ具体的なビジョンが見えていません。家計をどう回していこうか。とりあえず趣味として出費している部分を削ろう。そんな漠然とした対応をし始めた時期でした。

 いい歳したオッサンが、カラオケやラーメン屋程度の出費を諦める。心からみじめな気分になったことを今でも覚えています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク