そんな4月のうつ状態(3)

2020年3月26日

 何もない日々。

 ただ結果だけが心を打つ。何故こうなったのか。繰り返す言葉に心は奥底へ引き摺られかける。職場内で理解者を得て吐き出すこと。継続して働き続けるなら、それだけが唯一の糸口。

 ここではそんなうつ病にされたサラリーマンが緩やかに自分を取り戻していく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

遺した日記から読み取れる4月中旬にかけてのうつ傾向

見かけ上の穏やかな日々

4/6
4/7 バンド
4/8 祖父四十九日

 ―――当時の記録(日記)より抜粋―――

 そうそう、祖父の四十九日がありました。本当、葬儀の直前にまともに戻れていてよかった。

4/9
4/10
4/11 パチンコ
4/12 カラオケ
4/13 うつ先輩との飲み会 昔の同僚が同席 色々話してスッキリ

 ―――当時の記録(日記)より抜粋―――

 理解者との接触は、可能な限り増やした方が良い。

うつにさせられた職場は犯行現場とほぼ同義──働き続けるのであれば職場内に理解者は絶対必要

 ここからしばらく、大きな出来事はありません。

 ただただ、頑張った結果全てを失い、給料さえ下げられてしまったという現実を、心の中で反芻させたまま生きていました。

 こういう状態は本当に良くない。危うくまた引きずり込まれかねない。

 不幸中の幸いとして、私には同じような境遇にいる先輩がいたため、吐き出し口があったんですね。

 理解者は絶対に必要です。家にいる間は家族が理解者であればいい。問題は職場。職場というのは自身をこういう目に遭わせた原因が存在します。いわゆる犯行現場とも言っていい。

 そんなところで理解者もなく居続けることなど、とても心が保てない。

 職場内で常に話を聞いてもらえる理解者が得られたならいい。そうでなければ、そんなところなど、居続ける理由はないのではないだろうか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク