そんな2月のうつ状態(6)

2020年3月26日

 そんな難しいことを言われているわけではない。

 しかし、理解できない。時間をかけて考える。考える。そして出した結論は、まあいいか。こう思えるだけ、限りなくこちら側へ戻ってきている証拠。

 ここではそんなうつ病にされたサラリーマンが緩やかに自分を取り戻していく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

遺した日記から読み取れる2月7日のうつ傾向

心の在り方は悪くない

2/7 前夜服薬(5mg)
 急ぎ目の仕事があった午前中は良かったが 午後はすこぶる眠い
 不要になった携帯を解約 ショップの店員の話の矛盾点に気付かず
 思考の瞬発力はまた鈍い ポイントを食料品に変える
 落ちずに まあいいか と思えているので 心の在り方は悪くない
 ギターを弾くつもりだったがのらず 後回し 寝る前に無理やり楽譜を印刷して
 やる気をあおる

 ―――当時の記録(日記)より抜粋―――

 複数台所持していた携帯を一部解約しにいったんですね。

 ショップ店員の説明が何やら様子がおかしかった。それを素直にそうなのかと納得し、ポイントを全て食料品と交換してしまったんですね。

 その矛盾点に気付かず、帰路ずっと考え、帰宅後に理解しました。

 まあ、長い目で見れば別にいいかというお話しです。

この時期眠気はそれなりにありました

 前述の通り、小さな失敗をしました。

 ポイントを全て食料品と交換してしまったのですが、落ちずに「まあいいか」と思えているので、心の状態は悪くないと思います。

 この時期眠気はそれなりにありました。単純に睡眠剤の量が少ないのか、就寝時間が遅かったのか。それかその両方か。

 ただはっきりと覚えているのは、思考の瞬発力が全く期待できない状態だったということです。

 言われたことを理解するのに時間がかかります。そこら辺は復調した今も全盛時のキレが戻っていません。ただし、経年による衰えという気もしますので、何とも言い難い。

 そしてこの時期、やる気は出ないけど、やる気を出そうという気が常に出ています。心の状態は悪くなかったのだと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク