ファルセットで歌おう

2020年3月2日

 裏声。

 やあ、ぼく〇ッキー。とかああいう類のやつです。慣れれば簡単に出ます。

 これは40を過ぎたおじさんが良く分からないまま路上で演奏することを目指していくブログです。

スポンサーリンク

ファルセットとは

 裏声のことですな。

 現役のピンボーカルだった頃は本気で苦手でした。今は大得意です。俺にファルセットを歌わせろ、とかそんな。

 実際に出せるようになると分かる。身体に響かせるという言葉がぴったりきます。使うエネルギー量は大して大きくないのに、音量自体は馬鹿みたいに大きく響かせられる。

 慣れてくると楽しくて楽しくて仕方ない。だって、少ない労力で大音量が出せるんですよ。バンドの爆音でかき消されそうになる中歌っていた立場からすると、こんな楽しいことないです。

 はい、大の苦手なファルセットが大好物になった、というお話し。でした。

ファルセットで歌おう

 それでは、歌ってみましょう。

 腹式呼吸で歌う時とは真逆ですね。全身の力を抜きます。

 全身の力を抜いたうえで喉を開く。開いた喉に思い切って空気を流し込む。もう笛みたいな感覚ですね。全身を笛と化す。

 喉を開くという感覚は、例によって慣れです。慣れてください。自分も歌いまくって身に着けた類の技術です。

 一旦バンド引退して、滅茶苦茶歌のうまい素人を目指そうと思っていた頃、毎週のようにカラオケに通っていました。

 ファルセットを多用する曲。ファルセットを使えば歌えそうな高さの曲。そういうのを歌いまくりました。最初の頃なんかは2曲課題曲を決めて、1時間ずっとその2曲だけを歌うとか、そういうやり方。

 これがまた1曲ちゃんと歌いきれるようになってくると、もう楽しくて仕方がなくなります。この辺は楽器と同じ感覚ですね。

 ということで、歌いまくって身に着けてください。ポイントは力を抜くことと、全身笛気分で歌うことです。私は笛。

スポンサーリンク