そんな2月のうつ状態(16)

2020年3月26日

 祖父、逝去。

 ボロボロの状態から超回復したのは、ほんの数日前。祖父を送り出すために、悔いのない実力を発揮することができた。その事実を思い返し、胸をなでおろす。

 ここではそんなうつ病にされたサラリーマンが緩やかに自分を取り戻していく様を、時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

遺した日記から読み取れる2月終盤のうつ傾向

祖父逝去

2/23 眠剤なし 問題なし
 祖父逝去 朝4時に訃報 寝られず過ごす
 車の12ヶ月点検
 パーティーライブへ出演 終了後即帰宅
2/24 眠剤なし 問題なし
 自宅 翌日からの通夜の準備 忙しく過ごす
 弔辞の原稿を夜中1時まで書く アルコールを飲む 寝落ち
2/25 眠剤なし 問題なし
 通夜 忙しく過ごす 泊まり
2/26 眠剤なし 問題なし
 告別式 忙しく過ごす 無事終了
 帰宅

 ―――当時の記録(日記)より抜粋―――

 祖父が逝去しました。

 弔辞を担当するのは自分です。直前で一気にまともな精神状態へ戻って来られていて、本当に良かった。

2/27 眠剤なし 問題なし
 車の引き取り
2/28 眠剤なし 問題なし
 ゴロゴロすごす

 ―――当時の記録(日記)より抜粋―――

 その後も睡眠剤なしで、問題なく過ごしております。

何事もタイミングだな、という事例

 訳あって、何かあれば自分が弔辞を述べる立場にあります。

 ほんの数日前にまともな状態まで超回復して、本当に良かった。これがまだボーっとした状態のままだったら、とてもではないですけど原稿の作成が間に合わない。ボロボロの状態で弔辞を述べることになっていたでしょう。

 何事もタイミングだな、という事例です。

 これがまだメンタル絶不調だった頃なら、きっと原稿を前にただ泣いていたことでしょう。頑張れば何とかなるという状態ではない。頑張れないし何も浮かばない状態なのです。

 文章を作る。大勢の前で喋る。かつて本を書き、歌を唄って生きることを目指していた自分にとって、造作もないことです。本来の自分に戻って来てさえいれば。

 たまたま直前に戻って来られた。それにより、今までの人生において積み重ねて来た自分の全てを、弔辞として表現し、爺さんを送り出せた。こんな素晴らしいことはない。

 爺さんには本当に可愛がってもらいました。今の自分のルーツは爺さんにあると言っても過言ではない。そのくらい自分の人生に影響を与えてくれた人物です。

 こんな入れ替わりみたいなタイミングで帰って来られたのは、もしかして爺さんがこちら側へ戻してくれたのではないだろうか。そう、思ったりもします。

 最後の最後までお世話になりました。ありがとうございました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク